2012年11月1日木曜日

ソーゴ / リクナビ2014(コピーライティング・ディレクション)

スーパーの冷蔵倉庫やコンビニのドリンク冷蔵庫などの
壁面パネルでトップクラスのシェアを誇る、株式会社ソーゴ。

新卒採用サイト「リクナビ2014」のフリーデザインページの
コピーライティングとディレクションを担当しました。


業界を牽引する技術力の高さを「恐竜の肉を保存する」という
架空のシチュエーションを設定して訴求。
読者のイメージを膨らませるような仕立てとしました。




詳細ページでは、親しみやすいテイストでコピーを展開。
ソーゴの圧倒的な強みを伝え、締めでは仕事の醍醐味へとつなげてメッセージしました。

架空の設定から始まったメッセージを、
現実的な仕事のおもしろみへと落とし込むことで、
就活生の興味を駆り立てるような内容としています。


■クライアント:株式会社ソーゴ
■媒体:リクナビ2014
■デザイン:監物薫
■コピーライティング・ディレクション:横田孝優(ザツダン)
 




2012年8月25日土曜日

新潟グラム ー食と、デザインー(講師)

2回目の新潟グラムでの登壇。
今回は「水と土の芸術祭」のプログラムの一環として開催。

テーマを「食と、デザイン」と題し、
参加者たちは思い思いのサラダをデザインした後、
その販売戦略を立案するというワークショップでした。

横田はコピーライティング講師として登場。
ネーミングとキャッチコピーの作り方をレクチャーしました。



当日は幼稚園児から大人の方まで幅広い年齢層の方々が参加。
コピーの話がどこまで伝わるのか正直不安でしたが、
新潟グラム独特のアットホームな雰囲気にも助けられ、
滞りなく自分のパートをつとめあげることができました。
 
 
 
 

2012年6月24日日曜日

新潟グラム(講師)




新潟のデザイン・Web業界のレベル向上を目的とした勉強会
「新潟グラム」で講師を担当しました。

8回目を迎える今回のテーマはズバリ「コピー」。
新潟デザイン業界のビッグ2に続いての登壇という大役をつとめさせていただきました。

講義では「コピーライティング解剖学」と題し、
直感や感性のみの作業と思われがちなコピーライティングについて、
「伝える」機能を論理的に構築していく、左脳的な技術であることを解説。

「業界理解」「コンセプトメイク」「取材」「ライティング」など
作業段階別のパーツに分けて、それぞれの特徴を解説しました。

特に好評だったのが「お弁当式情報設計術」の章。
質問&ご意見募集として使用したツイッターに
「からあげ弁当が食べたい!」という好評(?)の声を多数いただきました。

当日のツイッターの様子はコチラ
 

2012年6月21日木曜日

JAPANサッカーカレッジ / 雑誌広告(コピーライティング・ディレクション)


2年連続となったスポーツ雑誌「Number」の1ページ広告。
引き続き、JAPANサッカーカレッジのブランディング&認知度拡大をめざして
構成要素を厳選して設計していきました。

コピーのテーマとしたのは「サッカーを教育機関で学ぶ意義」。
職業教育が本旨である専門学校としてのスタンスを明確にしながら、
「サッカーを仕事にしたい」と願う若者たちへのメッセージとして書き上げました。


■クライアント:JAPANサッカーカレッジ
■媒体:Number
■デザイン:アートグラフィック新潟
■コピーライティング・ディレクション:横田孝優
 



2012年3月8日木曜日

JAPANサッカーカレッジ / 学校案内(コピーライティング・ディレクション)

日本唯一のサッカー専門学校である「JAPANサッカーカレッジ」の
2013年入学生向け学校案内。

サッカー界を志す若者へ向けた「IT'S YOUR WAY」というコンセプトで構成。
全体ディレクションとコピーライティングを手がけました。






■クライアント:JAPANサッカーカレッジ
■媒体:学校案内
■デザイン:アートグラフィック新潟
■コピーライティング・ディレクション:横田孝優